トップページ企業情報代表メッセージ・経営理念

企業情報

代表メッセージ

代表メッセージ

甲西陸運グループは新たなステージを迎えます。

代表取締役社長

弊社は、1965年に運送業からスタートしお客様のニーズに対応すべく5年後には倉庫業も開始し、現在では湖南市内7ヶ所に物流センターを保有し、資材調達から製造加工、保管・輸送までを一元化し、お客様の期待に答える“ワンストップビジネス”を提供しています。さらに地域社会と地球環境に貢献すべく共同配送、省エネ型器具の製造販売、太陽光発電等もグループ会社を含めた事業として取り組んでいます。
社内では、仕事の効率化を進める上でコミュニケーションを深め信頼関係を構築し、「勤めて良かった」と思われる会社・お客様に満足される会社・利益を出せる会社を目指してお客様と地域社会に貢献してまいります。

甲西陸運株式会社 代表取締役社長

代表取締役社長

経営陣紹介

取締役

  • 経営陣紹介写真

    取締役会長 青木 善政

    地域産業の発展と共に歩もうと、昭和34年12月に青木個人の運送店を開業致しました。それから数年後、更に飛躍をする為に一般貨物運送事業の認可取得に向け、法人組織へと変更してから早くも55年が経過致しました。その後、営業倉庫の認可を得て、総合物流業へと至りました。その間には紆余曲折幾多の苦難も有りましたが、幸い素晴らしいお得意様に恵まれて順調に発展することが出来、55周年という大きな節目を迎えました。今後も、更なる顧客満足向上に向け、一丸となって努力する覚悟であります。

  • 経営陣紹介写真

    専務取締役 松嶋 真行

    “chance、challenge、change”従業員の成長が品質向上に繋がり、お客様に信頼を頂いた結果が今日の甲西陸運グループの成長に繋がっています。従業員には常に「chance」を。そして一緒に「challenge」を繰り返し、成長した経験を元に、新たな活躍のステージへ向かって「change」。新しいことに「challenge」するためには勇気も必要です。常に「positive」に考え、共に少しずつ成長しましょう。

  • 経営陣紹介写真

    常務取締役 小島 馨

    自分を育ててきてもらった会社なので非常に思い入れがあります。運輸部では色々な種類の車輌があり、様々なお客さまの要望に応えることができますし、この3年で30台ほど増車しトレーラーを一度に5台導入するなど思い切ったことができる元気のある会社です。

  • 経営陣紹介写真

    取締役部長 甲斐切 亮

    物流の提案をトータルでサポートできる企業という位置を継続しつつ、物流会社という枠をベースに地盤は固めながらも、もう一歩先をみて展開をしていく会社の姿勢であるべきだと思っております。グループ全体としてお客様の物流業務の全般を支えることができるということは、甲西陸運グループ全体の強みであります。

  • 経営陣紹介写真

    取締役部長 中林 裕貴

    私は入社以来、情報システム・人事労務・総務経理を担当しながら、QMS・EMSはじめ、グループ全体のマネジメント構築に携わり、様々な経験を積ませていただきました。今後も甲陸グループが維持発展していく為に、起こるであろう様々な環境の変化に対応しながら、従業員が安心して働ける職場環境の構築や次世代の育成に努め、これまで培ってきたものを継承していきたいと考えています。

  • 経営陣紹介写真

    取締役部長 千代 崇

    個々の思いを受け止めてもらえ、個々の力を発揮できる居場所を与えてもらえる会社です。気を張らずに素の自分でいられる分、長く務めることができる会社だと感じますし、従業員だけではなく家族の方々にも甲西陸運に勤めていて良かったと思っていただけるような会社にしないといけない。そのためには従業員と経営者が同じ想いで仕事に向き合える会社にしていく責任があると思っております。

監査役

  • 経営陣紹介写真

    監査役 青木 利宗

    グループ全体で見ると、従業員の適材適所という観点では選択肢が多くあり、良い環境にあると思います。人手不足が囁かれる中でも、若い従業員も増えており活気があると感じます。今後も現場と管理者間のコミュニケーションをしっかりと取り、『倉庫・運送・製造』の3つの柱を継続し、『お客様と一緒に発展し、従業員とその家族が安心できる会社へ』との想いでいます。

  • 経営陣紹介写真

    監査役 青木 善則

    グループ全体として運送・物流だけでなく太陽光発電やクラウド型防犯カメラの販売など、幅広いジャンルにチャレンジし大きくなってきていることを実感しています。ただし、この現状に納得することなく、『従業員と一緒に先を見据えた会社作りをしていかなければならない』と思っています。