トップページ安全・品質

安全・品質

安全・品質

安全への取り組み

車輌の安全性

車輌の安全性

セーフティブレーキ

停止車輌や歩行者まで検知し、衝突回避を支援します。

車輌の安全性

サイドアラウンドモニター

前側方から接近する移動物を監視して出合い頭での注意を喚起します。

車輌の安全性

ドライバーモニター

ドライバーの運転姿勢・顔の向きや目蓋の開閉状態などをモニターカメラで常時確認し、前方への注意不足を検知すると警報で知らせます。(一部の車輌に搭載されています)

車輌の安全性

LEDランプ

ハイビームを自動制御し、夜間の安全運転をサポートします。

車輌の安全性

バックセンサー

後方の安全確認を、光と音でお知らせします。

安全ツール

アルコールチェッカー

アルコールチェッカー

呼気中のアルコール濃度をガスセンサーで計測する装置で、息を吹きかけて計測します。

車輌の安全性

ドライブレコーダー

事故やニアミスなどにより急ブレーキなどの衝撃を感知すると、その前後の映像とともに、走行データをメモリーカードに記録します。また、車間距離の保持具合や一時停止の確実な停止、安全な交差点通貨など、日常の運転状況を指導するためにも活用しています。
(全ての車輌に搭載されています)

デジタルタコグラフ

各種運行データなどを数値化してメモリーカードに記録しています。簡単なメッセージの送受信が可能なので、事務所との連絡も円滑に行えます。(GPS機能装備)
(全ての車輌に搭載されています)

インターロックシステム

ウイングを開けたままでの走行が出来ないので、積み下ろしの際起こりやすい車輌上部の思わぬ事故を未然に防ぎます(一部の車輌に搭載されています)

車輌の安全性

エアサス

エア・サスペンション付きのトラックのことで、サスペンション構造に空気バネを搭載しているため、微細な振動を吸収しながら運送することができます。

安全会議

安全会議 安全会議

毎月1回の実施で座学と実技の安全講習会を行い、事故防止に努めています。

Gマーク認証取得

Gマーク

Gマークはトラック運送事業者の安心・安全・信頼のマークです。
2006年1月に安全認定『Gマーク』認証取得しました。

品質への取り組み

ISO9001:2015(Quality management system)

管理本部、営業統括部、本社物流センター、夏見東物流センター、東部物流センター、中央物流センター、野洲川物流センター、湖南物流センターにて取得認証(輸送及び保管サービスの提供を当社のサービスの範囲とする)

委員会での取り組み

安全衛生委員会

安全衛生委員会

毎月、安全パトロールや安全衛生委員会を実施し全社で法令要求事項が実施できるよう管理や指導をおこなっています。

5S活動委員会
LADO委員会

5S・LADO活動委員会

5S活動を通じて、職場環境向上に取り組み、顧客満足を得られる職場作りをしよう!をスローガンに掲げ活動しています。
「フォークリフト事故撲滅」の為にフォークリフト操作ルールの作成や傷チェック、清掃チェックをおこない、全社でフォークリフト事故が起こらないよう管理や指導をおこなっています。

【活動目的】
・サービス品質・顧客満足度の向上。
・ムリ、ムダ、ムラを省きコスト削減を図る。
・設備の健康管理と職場環境の向上。
・環境への配慮を考えた事業展開を図る。
・社員が誇りを持てる職場づくりを推進する。

ISO委員会

【品質方針】
顧客満足向上のためP・D・C・Aを繰り返しながら継続的な改善を図り高品質な物流サービスを目指す。

【活動方針】
1. 法令・規制を遵守することを基本とします。
2. ISO9001をベースとした、品質マネジメントシステムを確立し、定着させます。
3. 品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善するため計画された教育及び内部監査を実施します。
4. 計画された管理を実施し、アウトソースの有効活用を図ります。

CSR活動

ISO14001:2015(Environment management system)

管理本部、営業統括部、本社物流センター、夏見東物流センター、東部物流センター、中央物流センター、野洲川物流センター、湖南物流センターにて取得認証(輸送及び保管サービスの提供を当社のサービスの範囲とする)

交通安全記念碑

交通安全記念碑

運送業を行っている企業として、従業員はもちろん、市民の皆様にも交通安全の意識を高めてもらう為に建てられました。

職場体験の受け入れ

地元中学校の授業の一環として行っている職場体験の受け入れを行っており、
仕事を通じて、あいさつの大切さや、ルールを守ることの重要性を伝えています。

『未来にエール』~次世代を担うこどもたちへ~

2019年3月に発行させて頂いた京都銀行の私募債『未来にエール』の発行手数料の一部を活用し、石部高校に放送設備一式の寄贈をさせて頂きました。

自動販売機の設置

自動販売機の設置

・飲酒運転禁止交通啓発ラッピング自動販売機
⇒売上金の一部が公益財団法人おりづる会へ寄付されます。
・スペシャルオリンピック日本・滋賀 自動販売機
⇒売上金の一部がスペシャルオリンピック日本・滋賀の活動資金となります。